BLOG

NPO法人タッチケア支援センター > 未分類 > 7月より  ホリスティック・ボディワーク試論オンライン連続講座(主宰:ホリスティックヘルス情報局)

2021年06月10日

未分類

7月より  ホリスティック・ボディワーク試論オンライン連続講座(主宰:ホリスティックヘルス情報局)

ホリスティックヘルス情報局さん主宰で、NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子による「ホリスティック・ボディワーク試論ータッチケア編ー」をオンライン4回コースで開催することとなりました。(こちらのお申込みは、ホリスティックヘルス情報局さんにお願いいたします。メール: hic@a7.rimnet.ne.jp 詳細はこちらをどうぞ

下記、講師の中川れい子からのメッセージと、講座の御案内です。
皆様の御参加をお待ちしております。

こころにやさしいタッチケアは、
米国のエサレン®ボディワークをもとにしていますので、
当然ながら”ボディワーク”がベースとなります。

では、ボディワークとは何なのか?

この言葉、最近、微妙に混乱しがちで、
最近、ボディワークの世界に入られた方もまだどうもしっくり来てない言葉かもしれません。
かくいう、私も23年間、使い続けてきて、いまだに扱いにくい言葉だなぁと感じています。

「ボディワークのすすめ」の著者のグラヴァ―俊子先生は、
身体感覚の気づきを通じて自己成長を促すワークの総称と記されていました。
私は、タッチケアもボディワークの一種であると考えています。

というわけで、今回、ホリスティックヘルス情報局さんのご厚意で、
ボディワークについて、しっかりとお話させていただける機会をいただけたこと。
とても、嬉しく思います。

この連続講座では、まず初回に
ボディワークと、マッサージ、タッチケア
そして、ソマティクスやヒーリング。。。
こうした言葉や概念を丁寧に解説し、紐解きます。

そして、施術している者が混乱しがちな問題点を整理し
より、グラウンディングできるようにご案内します。

何のために、何をもたらすために、
私達は、施術をしているのか??という気づきを深めること。。。
そのことで、クライアントさんとの信頼関係も深まり、
精神的・社会的・そして、身体的な安心・安全も深まります。

この四回クラスでは、いつも全身のトリートメントのクラスで生徒さんに
お伝えしています”ボディワークがもたらすHealingの6つの層”について
ゆっくりと、時間をかけて解説しようと思います。

それは、”癒し”とは何であるのか?
人を、ボディ・マインド・スピリット、
そして、いのちの存在としてかかわるとは
何を意味するのか?

そして”人間存在”をホリスティックに探求することも意味します。

タッチケアから、ボディワーク、整体やアロマセラピー、
その他、様々な手技療法や、身体技法、そしてケアや教育、セラピーに関わる方にご参加いただけると嬉しいです。

皆様の、御参加をお待ちしております。
各回の日程時間、タイトルはこちらです。

★第 1 回:7/16 金 19:1521:15
タッチケアからボディワークへ ―実践の現場から全体像を俯瞰するー
★第 2 回」:8/27 金 19:1521:15
ボディワークがもたらす″癒し (healing)"の「6 つの層」
★第 3 回:9/24 金 19:1521:15
ボディ&マインド&スピリットの統合と癒し ―wellnessから well-being へー
★第 4 回:10/22 19:1521:15
ボディワークがもたらす癒しと変容の旅路 ―人生における Healing Journey―

≪講座の概要≫

第1回(7/16):タッチケアからボディワークへ
―実践の現場から全体像を俯瞰するー

マッサージ/ボディワーク/タッチケアのゆるやかな定義を試みながら、看護や介護、心身医療、教育等の領域での「触れるケア(タ
ッチケア)」がどのように実践されているのかを、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージ等の事例も交えてお話します。

第2回:8/27   ボディワークがもたらす″癒し (healing)"の 6 つの層

ボディワークによってもたらされる“癒し”とは、どのようなものなのでしょうか? リラクセーションや気づき身心統合など「6 つの層」に分類し、エサレン®ボディワークを例にとりながら、ボディワークにおける「症状の改善」の位置づけについても考察します。

第3回:9/24 ボディ&マインド&スピリットの統合と癒し
―wellnessから well-being へー

ボディワークにおいて“統合(integration)”は、大きな鍵を握る概念です。身体全体を構造的につなげる統合、そして、ボディ・マイン
ド・スピリットの統合など、ホリスティックな意味での゛統合"が私達の生活や人生にもたらす価値について考察します。

第4回:10/22   ボディワークがもたらす癒しと変容の旅路
―人生における Healing Journey―

夢・無意識・シンクロニシティ・融合体験など、ボディワークによって取り組む身体の「非言語な領域」へのかかわりについて考察し、自己成長と癒し、そして変容のプロセスをささえるボディワークの可能性を探求します。

 

≪受講費≫

17600円(4回分)*録画で後日視聴も可能です。

≪お申込み方法≫

「ホリスティック・ボディワーク試論タッチケア編」講座申込として、下記の項目をメールまたはファックスでお送りいただき、お振込下さい。振込をもって正式受付となります。
① 講座名②日程③氏名(ふりがな)④住所 ⑤連絡先(当日つながる電話番号)⑥メールアドレス ⑦「リアルタイムの zoom 受講」か「後日録画配信受講」 のどちらかをお選びください。

■ 主催・お問い合わせ: (有)ホリスティックヘルス情報室
E メール: hic@a7.rimnet.ne.jp
FAX:   03-5572-8219
URL: http://holistichealthinfo.web.fc2.com/index.html
◎ お振込先
三菱UFJ銀行虎ノ門中央支店 普通5832950 (有)ホリスティックヘルス情報室

 

講師 : 中川れい子

NPO法人タッチケア支援センター代表理事
エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
こころとからだのセラピールーム アマナスペース代表
<身>の医療の会、理事

関西学院大学文学部美学科卒業後、塾・予備校講師を11年務める。1995年の阪神淡路大震災の被災とボランティア体験後、触れることの癒しを探求することを決意。1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、カウンセリング、ヒーリング等を学び始める。ボディワーク施術歴は23年(2021年現在)1999年にエサレン®ボディワークと出会い、自宅サロンで開業、個人セッションをひたすらに積み重ねる。触れることの様々な作用を実感。その普及・教育・ボランティア団体として、「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに2011年NPO法人タッチケア支援センターを設立。ソマティクス(身体感覚の気づきにかかわるワーク)を重視した、安全で心地よく、対人援助に役立つ「こころにやさしいタッチケア講座」を開講。高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科等での施術会や、発達障害・精神障害の方の地域活動支援センター、うつの方の就労支援センター、疼痛患者の会や、依存症の会など、様々なフィールドで、セルフケアやタッチケアの指導にあたる。また、個人サロンでのエサレン®ボディワーク等の個人セッションも、引き続き行う。
オーガナイズとしては、エサレン®ボディワークの認定コースを含めての各種ワークショップ主催、米国ホスピタルベイスドマッサージ公認講師、キャロリン・ターグ氏を招いてのオンコロジータッチセラピー講座、グリーフケアのためのタッチセラピー等の講座をオーガナイズする。
2021年3月に、山口創氏との共著「オトナ女子のおうちセルフケア」を発刊。
現在、ウェブマガジン「コ2」で「セルフタッチング入門ーコロナ時代のタッチケアー」を連載中。